About
廣瀬ちえ
会社概要 CHIE’S KITCHEN
コンセプト
アクセス
スタッフ
Lesson
教室講座マップ
認定取得講座
定期料理教室
単発料理教室
イベント企画
Development
企業プロモーション支援

講演・セミナー・出張料理
メニュー開発・監修
ケータリング
メディア・新聞雑誌等
Outgoing
レシピ&おすすめ

メルマガ
スタッフブログ

リンク
アーカイブ

初心者の方でもチャレンジできるよう基本からお伝えする「手ごねで作るパンレッスン」のお知らせです

簡単に作れて、毎日食べても飽きない、
動物性フリーのパンを楽しんでみませんか?
全4回コースで初心者の方でもチャレンジできるよう、
パン作りの基本から、パンについてのさまざまな知識までを、
座学と実技を使ってお伝えします。

家で作るパンは製パンとは少し違います。
ちょっとしたコツやポイントをつかむことが、
美味しいパンを作る近道になります。

教室では、卵、バターを使わず、国産小麦を使用し、
家で美味しく作る方法をお教えします。
パン作りをに熟知している先生だからこそ、
失敗した理由もはっきりわかります。
みんながどういうところが苦手なのか、
先生がたの長年の経験から適切に教えていただけます。
また、すでにパン作りを経験されている方でも、
パン作りに関する様々な疑問に丁寧にお答えします。

また各回、チエズキッチンオリジナルの、
旬の野菜を使ったスープとサラダが付きます。
もちろん、お持ち帰り分のパンもありますよ!

※なお、本講座はイーストを使用するパン作りをいたしますので、あらかじめご了承ください。
■講師:第1部 佐井あかね(CookingSchoolPAPUCO 清須本校主宰)
    第2部 吉岡里美(Cooking School PAPUCO 稲沢教室主宰)
料理担当:朝岡真実(CHIE’S KITCHEN)

■日程:9月15日(木)、10月13日(木)、11月10日(木)、12月8日(木)

■時間:第1部 10:00~13:00 第2部 18:30~21:30  

■会場:CHIE’S KITCHEN スタジオ 
    名古屋市東区泉二丁目1番28号 Viare Storia(ヴィアーレ ストリア)1A

■受講料:23,760円(税込) テキスト代・材料費・食事代含む

■定員:各部10名

■持ち物:エプロン、タオル2枚、筆記用具

■講座内容
1回目「ちぎりパンdeサンドウィッチ」
見た目が可愛いフワフワのちぎりパンでサンドウィッチを作ります。行楽シーズンにピッタリ。
座学:生地をまるめるポイント

2回目「米粉パン」
ヘルシーに、もっちりと美味しい米粉を使ったパンです。
※この回につきましては当初「グルテンフリー」を予定しておりましたが、
 事情によりグルテンフリー対応ではなくなりました。申し訳ございません。
座学:米粉の扱い方

3回目「さつま芋あんパン」
優しい甘さの、さつまいも餡を入れたパンを作ります。
座学:パン生地とめん棒の関係

4回目「カフェモカ」
コーヒー風味の生地にコーヒー風味のアイシングで仕上げます。おやつタイムにオススメ。
座学:アイシングについて

※受講料納入は、銀行振込みのみとさせて頂きます。
※振込先案内メール送信後、7日以内に銀行振り込みをお願いいたします。
※申込みは、先着順受付となりますのでご了承下さい。

■キャンセルについて
1)開講日の30日前までは受講料を全額返金させていただきますので、
振込み先(金融機関、支店名、口座番号、講座名義)をメールでお知らせください。
2)開講日の30日を過ぎてからの受講取消しは、キャンセル料が発生いたします。
 ・開講日の2週間前まで…20% ・開校日の1 週間前まで…30% ・開校日の前日まで…50%(振込み手数料はお客様負担となります)
 ・開講日当日…全額
3)開講日以降につきましては、途中キャンセル・欠席など発生した場合もご返金はできませんので、あらかじめご了承ください。
  欠席分のテキスト送付、メールでの質問受付などの対応をさせていただきます。
※上記「開講日」とは、定期講座各期の第1回目開催日をさします。

Comments are closed.

My CHIE'S KITCHENは、チエズキッチンをより楽しむための会員サービスです。詳しい内容は、サービス紹介ページをご覧ください。<新規会員登録(無料)>受付中!

「醸すパーティー!第1回」in 東京 開催しました。
27 February 2017

「醸すパーティー!第1回」in 東京~日本の伝統食 […]

桃の節句とみりん粕
26 February 2017

廣瀬ちえプレミアム・クッキング Monthly L […]

イルボルゴ
25 February 2017

新富士出張の際に伺うイタリアン後藤シェフの『IL […]